青和プロジェクト

海外で活躍する日本人を増やす

青和人会

青い和を持った日本人の会を

青和人とは

誠実・信頼という青を第一にし
和を貴び
世界のどこでも活躍できる日本人

青い和を持った日本人の事です。

青和人会では

その青和人しての土台と
一生続く人間関係の構築の場を提供していきます。

日本人に、華僑と同じ環境を

華僑の人が海外で困らない理由。
それはチャイナタウンの存在。

街をそこに創ってしまうことで
外から来た人が訪ねて来れば
住み始める事が出来てしまう。

それが世界中にある華僑のネットワーク。

世界の情報を知りたいなら
知人を訪ねていけば手に入ります。

世界をまたにかけるネットワーク。
それを日本人にも創りたい。

という想いから青和人会は立ち上がりました。

お互い様、おかげ様の和の精神を

困ったときは「お互い様」と手を差し伸べて

上手く行った時には

関わってくれた人、繋いでくれた人に対して

「お陰様で」うまくいきました

という精神が日本にはありました。
華僑の中にはこの匂いが感じられますし
これがあることで

華僑の人はどの国でも生き残っている様に思います。

今、日本人が足を引っ張りあい
海外に出ては撤退を繰り返しているのは

この精神が薄れていってしまい

そして、その原因は自分にお金が入ってくれば良いという
私利私欲。

そして、それを創り上げた
資本主義システムに沿った教育に問題があります。

助け合える青い和を世界に創り上げる

「お互い」助け合うという形での関係性。

この形を共存・共栄を創り上げる事が

世界で活躍していく為に必須の条件ですが

それと共に日本人が
世界で最も得意とする事でもあります。

地震が起こった時

国民全員で助け合い
どんなに苦しい状態でも列を創り

と出来る、お互いを尊重できる

「和」を取り持てる民族。

すべての国を回った訳ではありませんが

和をもって貴しとなす

という言葉が古くからあるように
日本人が世界で一番上手くやれるという確信があります。

つまり、華僑の行っている関係性を
「より上手く」やれる可能性を
日本人は持っているのです。
助け合える青い和を世界に創り上げる

人生の目的を達成することで和を創っていく

それぞれの個人で持っている人生の目的。
見つからないのは資本主義の思考でいるから。

人生の目的は資本の先には絶対に無く
何の囚われもない状態になってから出てくるもの。

青和人会では「それぞれの人生の目的」へと進んでいく為に

必要な情報や提案、手段を青和人会の人と共存していく形で
和を創っていきます。

ビジネスだけでなく健康や考え方についてなど
目的を達成する為に必要なテーマは多岐に渡ります。

目的を達成する道筋を自分が持っていなくても

「青和」の誰かが持っていれば大丈夫

1人では限界のあることも集まれば出来る

全員の力を「和」算できるのが青和人の強みです。

世界で活躍していく日本人同志が集う会

世界で活躍するというのは
海外に住むという事も含まれますが

日本人が海外で
活躍していくためには「日本側」も大切です。

というのも海外で動いていれば
ふと、チャンスが舞い込んできて
日本側で動かなければならないことも出てきます。

その時は海外側と日本側の連携が
海外での活躍には不可欠になりますし

日本に居なければ出来ないこともあります。

青和人会には
全員に海外という選択肢が持てる様になってもらった上で
日本という選択をする人も必要になります。

そうすることで
日本人同士の国内外連携を創り上げ

日本発信のモノを海外に届けたり
海外発信のモノを日本に届けたりする事も可能になります。

情報格差をなくして未来へ繋げる

海外。というのは多くの日本人にとっては未知の世界。

情報は正しく入ってこない。
どの情報、人を信じていいか分からない。

コンパスも地図も無い状態で出る海の様。

一方、華僑の人たちには国境はないのではないかという位
他の国の事を知っています。

その差はネットワーク。

日本人が数百万人が局所的に居るのに対して
華僑は数千万人が世界中に散らばっています

そして、このネットワークから生まれる情報格差が
より、日本人と華僑の差を広げていきます

この情報の格差を無くすのであれば同じようなネットワークを
日本人にも創り上げて行かなければいけません。

健康、教育、海外等

正確な情報を集めること

それこそが情報の波に飲まれず
情報格差社会を生きる為の知恵になります。
情報格差をなくして未来へ繋げる

今、やらなければもうチャンスはない

僕が焦っている理由の一つに
華僑の年齢があります。

その昔、日本が高度経済成長をしていた時
一緒に仕事をした華僑の人たち。
すでに60代〜70代

「日本にはとてもお世話になった。だから何か日本に返したい」

という思いを持っている人も居ます。

一方、今現役になる30〜40代の場合

「日本はとてもいい国だね。何か出来るなら一緒にしたいね」

という感覚。

この60代〜70代になっている方のイメージと
今の華僑のイメージでこれだけ変わっています。

これが10年、20年と経った時
日本に対しての感覚が

「昔は良い国だったよね」

というのになってしまっていたら

「私は日本人です」

という価値が無くなってしまう事になります。
日本の良かった時期を過ごした方々が居る
今、だからこそまだ間に合う。

僕はそう思っています。

今、やらなければもうチャンスはない

日本バトンを未来に残すために

今はまだ「日本」というブランドは生きています。
無許可で当日入れる国が世界で4番目に多いパスポートを持ち

民族として見た信用・信頼度は世界でも一番だと思います。

これはこれまでの日本人の方々が創り上げてくれた信頼。

これを未来の日本人に渡していく事が
今、生きている日本人の義務だと考えています。

「日本人は素晴らしい」をそのまま

引き継ぎ

「日本人で良かった」

という同じ気持ちを未来の子どもにも持って欲しい。
そう願っています。
日本バトンを未来に残すために

日本の文化を未来に繋ぐ

僕が今思う
日本人が一番知らなければいけないことは
日本の事。

日本のバトンを繋ぐために
古き良き日本の事も必要です

失われつつある本当の歴史や
本来日本人が大切にしていた思想や哲学

これを失いきってしまう前に
拾い集めて行かなければいけません。

それが出来なければ誇りを失った
抜け殻の様な国になってしまう可能性が高いのです。

こうしている間にも
日本人として生きる為に大切なものが
失われつつあります。

あるべき所にあるべきモノを

日本の大切なものが失われつつある事の理由は
資本主義であること。

日本をよく知ろうとするために必要なモノは
だれも助けてくれていない事が原因です。

その前提となる部分については
日本という国が今、どの様に成り立っているのか
資本主義システムが
どの様に構築されているのかを理解すれば
理解することが出来ますが

根本的な解決策として
この青和人会がありたいと考えています。

本当に知らなければいけないことを知るために
青和人会として動いていく。

そして、それを持って世界と共存していきたいと考えています。

リアルな海外の情報をそのままに

情報という意味では海外の事実とも
向き合っていかなければいけません。

青和人会では海外に出ていっている人からの
生の情報共有をしていく事で

参加者全員の海外に対する理解を深めながら
海外を活用するステップも同時に踏んでいきます。

良い話はすぐに持って行かれるので
青和メンバーにはリアルタイムに来たビジネスの種を
LINEグループで情報提供し、欲しい人には繋ぎます。

5年の土台で海外への関わりをスタート出来る

今まで海外に出たことがない場合

最初の滞在では

「想像以上に都会」とか「全然違う」という様な感想が多くなるように

いきなり海外に出ても
海外の事を捉える事は難しいのが現状です。

そこで、青和人会では
海外で5年生活をしてビジネスをしてきた
人間のフィルターを通してみることで

「家賃や給料の価格帯が」
「治安の面では」
「人の教育水準は」

という様な形の情報を手に入れる事が出来たり

5年という中で構築してきた人間関係にアクセスして
大幅なショートカットが可能になったりします。

事前に行く国についてはお知らせをして
現地の人に聞いて欲しい内容を直接質問する等

現地の人の考え方や現状などもそのまま
フィルターなしに入るようになります。

世界各国に華僑と共存出来ている日本人が一人ずつでもいれば

華僑の人と繋いでいき
世界各国に華僑と共存出来る青和人が一人ずつでもいれば

それは華僑と同じネットワークを持ったという意味になります

青和人としては華僑と争う必要は無く
華僑と共存していく事で日本の未来は創れます。

そのためにも青和の共感者が1人でも多く必要になります。

青和人会のネットワークを自分のネットワークとして活用する

(※メンバーのみ)
青和人会に参加しているメンバーには
会に参加している方のネットワークを活用する権利を有します。

つまり、青和人会のメンバーには
自分の持っているネットワークを開放してもらう事で

他のメンバーに活用をしてもらえる形を取ってもらいます。

ただし、自分だけが良ければという様な
「活用」ではなく「利用」した場合は即退会という形ですすめます。

もちろん、華僑のネットワークも開放しますので

自分自身が海外に出て何かをしたいという事も

日本で海外に目を向けている人を繋いでいくという事で
ビジネスを成立させることも可能になります。

地球の裏側からもオファーがあった青色セッションのサポート

日本だけでなく

シンガポール
マレーシア
ブラジル

で、行った人生を転換する青色セッション。
募集から3時間で埋まってしまい、受けた後も関係の続く企画
→ 青色セッションについてはコチラを御覧ください

一度、受けて頂いた後の
フォローがあればという依頼を受けた方から頂きました。

ただ、青和人会を進めていく上で
後のフォローを行う場合、メンバーへの筋が通らなくなるので

青和人会に賛同頂く事で
青色セッション後の継続的なサポートをつける事に。

青和人会サポーターには
セッションで出てきた事に対しての相談や軌道修正等を

青和人会メンバーには
サポーターで行う部分を含めて

次のステップに繋がる人脈や企画の提案までを
やっていきます。

青和人会の未来

正確な情報を元に自分の力で判断できる
世界に視野を持った日本人が増える事で

世界で活躍する日本人が増える

ことを目指し

いざ、日本が沈んでしまう様な事がなった時に
外側から助けられる和を創りあげる事で

日本の為になる会にしていきます。

そして、本来目を向けなければ行けない研究や
日本古来からある大切にしなければ行けない思想

に対して協力をしていく「誠実な青の会」として
10年、20年先を見据えた活動を進めていきます。

最初の目標は「資本主義システムからの脱却」
→ 資本主義システムについてはコチラ

自分、そして日本の未来の為に

「誠実・信頼」を第一とした和を一緒に創り上げる事に賛同頂いた場合に

参加頂けたらと思います。

人生に関わる様なプロジェクトになりますから
考え方としては「人生の理想の状態に向けていつ始めるか?」
という事になります。

人生の時間はある程度決まっていますから
世界を旅して周りたいのであれば
世界を旅して回っている期間がどれだけ必要なのか?
家族の生活を守っていきたいのであれば
いつから守り始めるのか?
ということですね。

ご自身で判断してください。
どんな決断をしたとしても僕は尊重していきます。

出会った人を出会う前より幸せにする『青和人会』詳細

  • サポーター

    青和の活動に共感してくださる方向け

  • ¥10,000/ 月

    入会金30,000円

  • 海外のリアル情報やセミナー対談動画コンテンツ(月1回)
  • 各種情報・極秘ノウハウなどを収録した音声(月2回)
  • 会員限定メールマガジン
  • セミナーの優先案内
  • 「青色セッション」継続サポート
  • 銀行口座開設後の活用サポート
  • お申し込み
  • メンバー

    青和人会に参加し共に活動していく方

  • ¥30,000/ 月

    入会金50,000円

  • 海外のリアル情報やセミナー対談動画コンテンツ(月1回)
  • 各種情報・極秘ノウハウなどを収録した音声(月2回)
  • 会員限定メールマガジン
  • セミナーの優先案内
  • 「青色セッション」継続サポート
  • 今後を決める青和オンライン面談
  • 青和オフ会(年6回前後 うち1回は海外)※任意参加
  • メンバー限定LINEグループへの招待
  • メンバー限定案件の提供
  • 海外華僑ネットワークの提供
  • お申し込み